キウイフルーツの追熟方法

キウイフルーツの追熟方法について質問をいただくことがあります。

当園で販売するキウイフルーツはすべて追熟済みですので、すぐに食べることができます。

 

キウイフルーツの果実は、樹から収穫したままでは食べることができません。

追熟作業が必要になります。

キウイは、エチレンという成熟ホルモンが作用することで追熟し、食べることができるようになります。

 

エチレンは、リンゴなどの果実から発散されます。

したがって、キウイとリンゴを一緒にしておくことで、キウイが食べられるようになります。

当園では下記の写真のように、ビニール袋の中にキウイとリンゴを一緒に入れて追熟させています。

DSC03430.JPG

 

このまま袋を閉じ、作業場の奥に置いておきます。追熟の期間は、通常5~7日間程度です。

DSC03431.JPG

 

 

こうすることで、キウイは熟して、甘く食べることができるようになります。

なお農家によっては、リンゴではなく、「熟れごろ」というエチレンを発生させる薬品を使うこともあります。

リンゴのほかに、バナナ・メロンなどもエチレンを発生します。

エチレンは空気より重いので、リンゴをキウイの上に置いておくことがポイントです。

 

追熟されていないキウイをご自宅で追熟させる場合は、5~10個のキウイにつき1個のリンゴをスーパーのレジ袋に一緒にいれ、常温で1週間程度置いておけば追熟できます。

ただ置いておくだけでは追熟できません。西洋ナシの追熟とは違いますので、注意が必要です。

 

スーパーで販売されているキウイもほとんどが追熟済みです。あえてご家庭で追熟させる必要もないと思います。

追熟しているかどうかの判断は、果実を縦に押してみることです。

下の写真のように、縦に(地球に例えると、北極と南極を)押してみることです。柔らかければ追熟済み、硬ければ追熟されていません。

横(赤道面)を押しても、追熟済みかどうかの判断はできません。

詳しくは、NHK「ためしてガッテン」のサイトが詳しいです。

DSC03426 - コピー.JPG

 

なお、小平市産業まつりの農産物品評会では、出品規定により、キウイは追熟されていません。

また、大沼田稲荷神社の初穂祭での農産物直売も同様です。

ご注意の上、お客様ご自身により追熟させてお召し上がりください(当園はいずれも出品しておりません)。