インフォメーション

2021-07-30 22:48:00

本年度ブルーベリー摘み取りの取り組み(報告)

 

1,本年度も昨年に引き続き、コロナ対策を理由として人数を制限させていただきました。おそらく今後も、コロナ状況に関わらず、同じ程度の人数に制限させていただくことになろうかと思います(1回目12名、2回目6名)。

 以前には1度に20名以上を入れたこともありましたが、あまり人数が多すぎると、当方の対応にも不備があったり、取れるブルーベリーの量にも限りが出たりすることになります。今年は豊作傾向だと思いますが、それでも21日、25日の回ではもぐのに難儀をされた方もおられるようでした(なるべく樹の下の方から見て下さいと申しますが、なかなかそのようにしていただく方は多くありません)。

 

2,これも昨年からの取り組みですが、前年お越しになった方に優先的に予約を入れていただく期間を設けました。

 具体的には、前年お越しになった方には郵便でご案内を発送するのですが、7月1日の早朝にポストに投函し、翌2日~7日まではこの方々のみの優先予約期間としました。その他の方には、ホームページや店頭チラシの形で7月8日以降に告知をしました。

 

3,優先予約期間については、電話をしていただく時間を設定させていただきました。私がパソコンの前に座っていることの多い時間帯(13:00~14:00、19:30~21:30)にしました。

 これは、電話を受けながらお客様の名前を確認し、確かに案内を発送しているかを確認するためです。畑の真ん中で電話に出ることもできるのですが、やはりこうした形にさせてもらった方が間違いはなくなりますので、これも今後続けさせていただくつもりです。

 

4,優先予約の大半は、最初の3日間で埋まりました。

 1日18人の枠で4日間行いましたので、全部で72枠ですが、このうち66枠は最初の3日間で埋まっています。特に最初(7月2日)の夜の時間帯で半分程度が埋まりました。

 要するに、かなりの数のお客様は、当方からの案内が行くのを待ち構えておられ、案内が来たと同時に予約をしてこられたわけです。ありがたいことですし、今後ともこのようなお客様を優先的に取り扱わないわけにはまいりません。

 

5,結果として、新規のお客様(優先予約以外のお客様)は3人でした。これも7月8日に店頭チラシ・ホームページで情報を公開して、9日までにお電話をいただいた方でした。なお、最後の1枠は14日のお電話をいただいて埋まりました。

 

6,予約をされてキャンセルを受けたのは1件のみです。お子さん連れ(大人1名、子供2名)の方で、お子さんが熱を出されたとのことで前日夕方電話をいただきました。

 その日のうちにホームページにキャンセル分の追加予約を受けるとの情報を出しましたが、これは埋まりませんでした。

 

7,お子さん連れのお客様は、このキャンセルされたご家族の1件のみでしたので、本年はお子さんのご来園はありませんでした。

 その他のお客様は、大半は女性グループの方です。男性のお客様は奥様とご一緒という方が数名おられましたが、圧倒的に女性のお客様が多かったです。

 

8.お子さん連れについては、当方としてはあまりお勧めしておりません。

 お子さんにはかなり過酷な環境で熱射病の危険性もあり、お子さんに気を遣いながら親御さんもご自分の分をもぐのはかなり大変なことです。

 

9,ブルーベリーを1キロ収穫するというのは、かなり大変なことです。

 観光農園としてやっていますので、楽しいことのように思われるかもしれませんが、いちご狩りなどとは比べ物にならないと思います。どちらかというと、農作業体験とでも思っていただいた方が良いのかもしれません。

 繰り返しますが、ですから私としてはあまり小さいお子さんにはお勧めしませんし、また、一定以上の高齢の方にもお勧めは致しません。

 それでも、来られたお客様はお帰りになる際には「楽しかった!」「また来年も来たい!」と言っていただくことが大半です。おそらくお客様はスポーツや登山のような感覚、汗をかいて何かを達成するような感覚でブルーベリーの収穫をされたのではないかと、思っております。皆さん、バケツ山盛りにされていかれました。