インフォメーション

2021-06-13 22:00:00

「産直コペル」に掲載されました

農産物直売所の業界誌「産直コペル」の7月号に当園が取材され、掲載頂きました。

 

「産直コペル」は、長野県伊那市に本社を置く産直新聞社が発行しており、私が知る限り唯一の直売所の業界誌で隔月刊され、私も数年前から購読しております。

社長の毛賀沢さんとは、農産物直売所サミットの長崎での視察ツアーでご一緒させていただき、たまたま昼食の席を同じくしたことで名刺交換させていただきました。

 

今回は、特集の「どうなる!?体験型農業 アフターコロナの新しい形」の中で、当園はブルーベリーの摘み取りを行う農園としてご紹介いただきました。

昨年は当園でもコロナ対策として、1回に入っていただく人数を制限させていただきましたが、こうした取り組みは、都市部にある当園のみならず、農村部で直売所や農業体験をする施設でも、同じようにしているようでした。

たとえば、他県からのお客様を断り県内だけに制限するなど、観光地の農業体験施設としては苦渋の決断だっただろうと思うようなことも記載がありました。

 

農業体験や農村レストランなどの分野はコロナ禍で大きな影響を受けましたが、直売所の販売額という点ではむしろ増えたところも多かったようです。

当園としては、「都市農業の売り物は安心感」といいうことを改めて実感したところです。

 

 

なお、以下は私の私見ではありますが、

従来から大きな災害や社会を震撼させる事件が起き、人々に不安感が広まると、直売所の売上が上がるという傾向があったと思います。

顕著な例は、毒物ギョウザ事件ですが、東日本大震災・原発事故の時なども当園では結構売り上げが伸びました(初見のお客さんが増えました)。

都市農業の売り物は「安心感」である、ということが、決してハッタリではないということなのだと思います。

都市住民にとっても、農業は「よりどころ」であり、最後に頼れるのは農業、農家だということなのだろうと思います。

 

今回の取材は、メール・電話で行われました。お世話になった産直新聞社の羽場様には感謝申し上げます。

 

 

IMG_2915.JPG

 

IMG_2916.JPG

 

2021-06-12 22:45:00

(意見) 野党の在来種保全法案には全く賛同できません

立憲民主党などが提出した「農業用植物の優良な品種を確保するための公的新品種育成の促進等及び在来品種の保全に関する法律案」には賛同できません。

 

詳しくはツイッターに書きました。

https://twitter.com/takaogrape1/status/1403705459106738178

 

詳細を書くまでもなく、論評に値しません。

野党とはいえ、国会議員がこれでは困ります。

 

(追記)

ツイッターには1日(24時間)で約1000のいいねが付き、600以上リツイートされました。

お読みいただきありがとうございました。

2021-06-12 22:06:00

東京カジュアルフラワー研究会の活動

昨日、6月11日に当園を会場として東京カジュアルフラワー研究会の講習会が開催されました。

講師の普及員2名の他、生産者会員8名が出席しました。

 

本年4月総会を以って会長を退任していますが、足立区から青梅市まで会員が散在する中で、当園はほぼ中央に位置しており、普及センターからも直近であること、また、会員が各自車で来ても、停められるスペースが充分にあることなどから、当園を会場とすることになりました。

 

講習の内容は、寒菊の挿し木です。

研究会の予算から花を挿すオアシスを購入し、すでに各会員宅には配布されています。

1つずつ小分けになるようなもので、挿し木しやすいものです。

4月に農総研からいただいた親株から穂木を採取し、オアシスに挿し、今後発根し鉢上げできるところまで育苗します。

 

 

私は育苗が苦手で、あまりやらないようにしています(買える苗は買うようにしています)が、今回は講習会にかこつけて、育苗の作業を全部先生と他の会員にやっていただきました。

花が販売できるようになるのは今年の年末ころですので、先は長いですが、少しずつ増やしていきたいと考えています。

 

IMG_2909.JPG

 

IMG_2910.JPG

 

 

2021-05-18 21:15:00

農業視察・技術的相談についてのお断り

★★★2021・1・22追記★★★

本稿は2020年12月7日に書きました。しばらくの期間、トップに来るように日付を変えて表示させます。

★★★★★★

 

 

テレビに出していただいたり、またこのようなホームページをしている関係で、当園のようなところにも視察に来たいという依頼が来ることがあります。

 

私自身も数多くの所属団体の事業を通じて、多くの農家・圃場の視察をさせていただき、学ばせていただいてきました。

当然、そのような団体からのご依頼にはお応えすべきものと思っております。視察を受け入れることが、受け入れる側にとっても勉強になるとも思っています。

お世話になっている所属団体や、農業改良普及センター・農協・市役所などを通じてご紹介・ご依頼があった視察は、これまでもすべて受け入れてまいりましたし、今後も同じ考え方です。

 

しかしながら、あくまでもこれはご紹介・ご依頼があったもので、当方として受け入れるべきと考えたものです。

このところ、事前の連絡がなく、いきなり当園を見学したいと来訪されることが、複数件ありました。

当方も常に暇にしているわけではありませんので、十分な対応ができるものでもありません。

まして、名刺の1枚も差し出さないで、来訪者の方がどのような方でどこで何をされているのかも分からない状態で、〇〇について教えてほしいと言われても、何も話しようがありません。

とりわけ、農業者ではない、家庭園芸を楽しまれている方の場合は、当方とは立場が違うことをご理解ください。

 

当園への視察については、まずはお住まいの地域の農業改良普及センターまたは農協にご相談してください。

そちらの普及員さんまたは農協の指導員さんに、当方を担当する普及員さんと話をしていただき、普及員さん同士で視察の計画を立てていただければ当方としては100%お応えいたします。

家庭園芸を楽しまれている方には、視察をお受けする用意はありませんので、ご理解ください。

 

★★★2021.4.4追記★★★

マイナビ農業に関連する記事が掲載されていましたので、是非ご覧ください。

タケイファームさんが書かれた記事です。似たような思いをする方もおられるのだなあと思いました。

畑のルールは畑の主に聞け! 農家が農場見学をするときの心得 (mynavi.jp)

https://agri.mynavi.jp/2021_04_01_153383/

 

 

★★★2021.1.23追記★★★

関連しますが、電話・メールでのお問い合わせについても、ご配慮をお願いいたします。 

原則として、農業技術に関する相談については、応じません。応じられません。 

先日電話で、ホームページを見たといってキウイフルーツの剪定のやり方を聞かれた方がおられましたが、答えられるわけがありません。 

当方が、先方様の畑を見たわけでもありませんし、仮に見ていたとしても、電話で話ができるような(口で説明できるような)事柄でないことは、農家であればお判りになることでしょう。 

果樹の剪定は、畑の状態、樹の状態、枝の状態をそれぞれ見極めながら、販売状況など経営判断も含め、一つ一つを整えていくものであり、電話でやり方が説明できるようなものではありません。少なくとも、私自身はそこまでレベルは低くありません。 

地域の普及員さんや農協さんなどに指導を仰ぎながら、地域の生産者仲間とともに、技術を習得していくべきものであると考えております。

そもそも、どちらのどなた様かもお聞きしておりませんでしたが、まずはこういったところから改善していただければと存じます。

 

 

 

★★★2020.12.11追記★★★

なお、大学生の卒業論文などでの視察・見学・ヒアリングなどのご依頼は、直接のご連絡をいただければと思います(平均して、年に1件程度ご依頼があります)。

事前に、所属大学・学科・専門分野・ご指導の先生のお名前を、メールでご連絡いただければと思います。また、卒論提出後に概要・要旨などをご報告いただければ幸いです。

これまで当園に来られた学生さんは、記憶がある限りで、武蔵野美術大(建築)、法政大(生命科学)、国士館大(地理)、東洋英和女子大(保育)、東京農大(バイオビジネス)、東大大学院(都市計画)、東洋大大学院(国際地域学・留学生)、千葉大(緑地環境学)などです。

また東京学芸大(民俗学)、岐阜大(地理)、東大(都市計画)、千葉大(緑地環境学)の先生も来られました。

ちなみに私は東京農業大学のOB会活動をライフワークにしており、学生さんとは日常的に接する機会があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021-05-17 23:16:00

小平六中 50周年おめでとうございます

小平第六中学校は、本年50周年を迎えられたとのことです。

おめでとうございます。

 

私自身も卒業生(平成2年3月卒)です。

当園は六中に隣接していますので、毎日六中生や校舎を見て仕事しています。

最近の中学生は本当に立派ですね。服装や、道路での交通マナーなども本当に良くなったと思います。

部活も、グランドでやっている部の練習などを見ても、部員も多く、良く練習していると思います。

吹奏楽部も頑張っていますね。

 

これからも、地元になくてはならない学校として、是非頑張っていただきたいと思います。

 

、「小 平ር 私 ち 六中の未」というテキストの画像のようです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...