インフォメーション

2018-09-29 00:08:00

九州・山口の直売所を視察しました

9月25日~27日に福岡・佐賀と、山口県内の直売所、道の駅などを回ってきました。

日本一の売り上げを誇る伊都菜彩にはいつか行かなければと思っておりました。

唐津市「うまかもん市場」、岡垣町「やっぱぁ岡垣」「ぶどうの樹」、山口県の「道の駅 仁保の郷」「道の駅 萩しーぽーと」「しおかぜの里 角島」「道の駅 北浦海道ほうほく」などに行きました。旧友にも会い、有意義な旅でした。

 

詳しくは、フェイスブックにアルバムを作りましたのでご覧ください。

https://www.facebook.com/toshiyuki.nakamura.731/media_set?set=a.1329800193823371&type=3

 

 

2018-09-22 20:55:00

ブドウの販売は終了しました

本年度のブドウの販売は9月22日で終了しました。

ありがとうございました。

2018-09-16 23:01:00

農業経営の勉強会

地元の川里さんに誘われ、勉強会に行ってきました。
江戸川区の小松菜農家・小原さんの主催で、40名ほどが全国から集まりました。

講師は、東京青果の長掛さん、オイシックスの村田さん、雪が谷大塚の八百屋「やさいやふうど」の野村さん、青果流通商社「マルタ」の鶴田さんの4名でした。
主として流通関係から農業の価値を見直すような内容でした。
個別の内容については控えますが、その後の懇親会も含めて、勉強会はどのようなことを勉強するのかと言うより、どのような人と一緒に勉強するかが重要かということが良く分かったような気がします。
今後ともお付き合いをしていきたいと思うような方々でした。

お世話になった皆様にお礼申しあげます。

 

 

DSC00075.JPG

2018-09-16 21:01:00

錦城高校の文化祭

錦城高校の文化祭に伺いました。近くに住んでいますが、学校の中に入ったのは初めてです。
 
3年A組の文化祭委員の女子学生さんから、文化祭でブルーベリーのスイーツを出すカフェをやりたいので、ブルーベリー摘みにクラス皆で行きたいという連絡が7月にありました。
実際に来られたのはクラスの半分くらいの人数でしたが、猛暑のなか、女子は元気に、男子はヘロヘロになりながら16キロくらい摘んで帰られました。
それから約2か月は、クラスの生徒の家でそれぞれ手分けしてパックしたブルーベリーを冷凍保存していました。
 
で、本番の文化祭で出されたのが、ブルーベリーを使ったパフェとスムージーでした。
子ども2人を連れて行きましたが、喜んでいました。おいしかったですよ。
 
中庭では模擬店がいくつか出ていて、焼うどんを買いましたが、「小平糧うどん」の説明パネルが出ていて、まあ、焼うどんと糧うどんはまったく違うモノなのですが、ね。
 
 
ブルーベリーや糧うどんなど地元の特産物や産業振興については、今までは嘉悦大や武蔵野美術大などが絡んでくることが多かったと思いますが、地元の高校生も興味を持ってくれているのはうれしいですね。
それも授業の一環とかではなく、文化祭の出し物という学生さんの全くの自主的な活動の中で取りあげてもらえたのがうれしかったです。

 

 

 

DSC00090.JPG

 

DSC00077.JPG

 

DSC00078.JPG

 

DSC00082.JPG

2018-08-19 23:02:00

ブドウの販売を開始しました

昨日よりブドウの販売を開始しました。

多くのお客様に御来園いただきありがとうございます。少ないスタッフで販売しており、お待たせする場合もあり申し訳ありません。

 

お客様へのお願いなのですが、

1000円札をお持ちください。

高額紙幣のご利用はできる限りお控え頂きたいとおもいます。もちろん、お釣りの用意はしておりますが、屋外での商売ですので、ご理解ください。

また、

地方発送をご利用の際には、あらかじめ伝票をご用意お願いします。

伝票はクロネコに電話をすれば持ってきてもらえます(TEL0570-200-000)。

また、当園やお近くのクロネコセンター・取扱店・セブンイレブン・ファミリーマートでももらえると思います。

 

 

 

本年のブドウの出来は、良い方だと思います。

味に関しては私はオンチですが、皆様からはいつもより良いような評価を頂いているようです。

着色も非常に良いです。特に紅伊豆は紅伊豆らしい色が出ています。ブラックビートや藤稔も真っ黒に着色できています。

また、病果や裂果が非常に少ないです。ブドウらしいブドウに仕上がっている感じです。

大きめの房をお求めになるお客様が多いのですが、ご期待に添えていないことも多く、申し訳ありません。紅伊豆では600グラム程度が一番作り良い大きさですが、大きすぎると着色や病害などに難が出ますので、この程度が良いと思っております。藤稔ではフルメットが効いていない粒があるようで、思った粒重になっていないものもあります(品質的に問題があるわけでありません)。

 

 

 

DSC00049.JPG

 

DSC00047.JPG

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...