インフォメーション

2021-03-28 22:06:00

種苗法改正の対応について(海外持ち出し規制)

2020年12月の種苗法改正にあたり、2021年4月以降、登録品種の海外持ち出しが規制できることとなりました。

キウイフルーツ「東京ゴールド」は、種苗法の登録品種です(登録番号:22590号)。

「東京ゴールド」については、海外持ち出しについての指定国はありません(日本以外の全世界について、海外持ち出し禁止です)。

なお、東京ゴールドの育成者権者は、公益財団法人東京都農林水産振興財団と中村利行です。

 

 

 

もし、東京ゴールドを海外持ち出しを希望される方がおられれば、個別に許諾契約が必要となります。

事前にお申し出いただき、財団と私との間で検討することとなります(なお、私自身はよほどの事情がない限り許諾をしない考えです)。

 

この改正点は、わが国の農産物・食品の輸出拡大が国策上の課題となるなかで、優れた品種の海外流出を防ぐために取られた措置です。

 

直接のきっかけは、平昌オリンピックで活躍した女子カーリングチームが、試合の合間の作戦タイム(もぐもぐタイム)で食べていたイチゴが、日本から流出した品種(ないしはそれらによって交配された品種)ではないかという疑念が浮上したことによるようです。

 

 

 

例えば、わが国を代表するブドウ品種「シャインマスカット」は、中国・韓国や東南アジア諸国にかなり流出しており、「香印(シャイン)翡翠」「陽光バラ」などの名称で果実が販売されているとの報告があります。

このようなことが日本の国益に沿わないことは自明のことと思います。

かつては、山形県のサクランボの登録品種「紅秀峰」がオーストラリアに流出し、その果実が日本に逆輸入される計画が持ち上がり、何も知らないグルメ雑誌が好意的に取り上げたところで、種苗法事犯となった事例がありました(紅秀峰事件)。

こういった事例は、氷山の一角にすぎず、かなり多くのすぐれた品種が日本から流出し、国益を損なってきたものと思われます。

 

私は、育成者の権利が守られることが日本の農業のため、消費者の豊かな食文化のためにもとても重要なことだと考えますし、登録品種「東京ゴールド」の育成者として育成者権の強化をするべきだと思います。

ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

2021-03-07 22:59:00

キウイフルーツの接ぎ木

キウイフルーツ「東京ゴールド」の接ぎ木です。

 

接ぎ木の技術は、東京都農業試験場に研修生として通っている際に習得しました。

とはいえ、あまり得意ではなく、成功率は半分くらいかと思います。

穂木になる枝をカットし、台木になる部分を切れ込みを入れて、差し込み、接ぎ木テープでグルグル巻きにします。

形成層を合わせることがコツだと言われていますが、グルグル巻きにするときにどうしても少しはずれます。多少のズレなら良いだろうと・・・。

 

なお接ぎ木をするのは、おそらく私の人生ではこれが最後になると思います。

もしかしたら来年の今の時期にやるかもしれませんが、再来年以降はやりません。

 

種苗法が改正され、登録品種の増殖については許諾制になります。

東京ゴールドは登録品種ですので、令和4年4月1日以降については農家の自家増殖も含め、許諾制となります。

許諾の具体的な手続きについては、現在のところ決まっていませんが、何らかの形で許諾を取る形になります。

私自身も一農家としては許諾を取らなければならないことになるので、おそらくは、今後は増殖自体を自分でやることはなくなります。

 

種苗法改正については、このホームページでも再三書き込みをしてまいりました。

法律の趣旨をご理解のうえ栽培されますよう、皆様にはお願いを申し上げます。

 

IMG_2813.JPG

 

2021-03-03 21:58:00

キャベツ・ブロッコリーの定植

春のキャベツとブロッコリーの定植を行いました。

妻の実家は、調布市で大規模に栽培されており、毎年苗をいただいています。

本年もこの時期にいただきました。

欲しい量を言ってくれと言われ、遠慮なく数を言っていますが、その倍近い数の苗が来ています。あらかじめ敷いておいたマルチでは足りなくなりました。

収穫は5月中旬頃の見込みです。

春のキャベツは品質が良く、サラダ向きだと思います。

一方、割れやすい欠点もありますので、なるべく早めに売り切りたいと思います。店頭に出始めたら、迷わず買っていただければと思います。

 

IMG_2797.JPG

2021-03-03 03:03:00

おひなさま

令和3年3月3日。

当家のおひなさまです。家を新築してから、初めてのおひなさま。応接間に飾っております。

 

IMG_2801.JPG

 

2021-02-26 22:03:00

ジャガイモの定植

ジャガイモの定植をしました。

2,3月は野菜の端境期ですので、しばらくの間、直売所での販売は休業します。

現在は、春からの販売に向けての準備を進めているところです。

先日は、ジャガイモの定植をしました。例年通り、たくさんの品種を少しずつ植えることができました。

 

本年度定植した品種は、収穫の早い順に、

とうや、インカのめざめ、男爵薯、キタアカリ、キタカムイ、ピルカ、ホッカイコガネ

の7品種です。

 

北海道の種イモの産地が不作だったようで、他にも手に入れたいと思ったのに手に入らなかったものもありました。

品種それぞれに、料理の適性や味の違いがありますので、おいおいご紹介したいと思います。直売所での販売時にもご説明いたします。

 

種苗法が改正になり、タネの入手についても注目されることが多くなりました。

当園では、ジャガイモの種イモは毎年すべて購入しています。タネ屋さん、ないしは大型のホームセンターで買っています。

日本の普通の農家は、みんなそうしていると思います。

もちろん、前年のイモを保存しておいて翌年種イモにすることも、できないわけではありませんが、普通はそんなことはしません(病害虫などの影響です)。

いわゆる「在来種」と呼ばれる品種はありません。

なお、在来種って何でしょう?と思っています。

例えば男爵薯は、明治以来栽培されている品種ですので、もう在来種と言っても良いように思いますが、実際には、まさに明治時代に入ってきた外来種です。

在来種って何でしょう?定義でもあるのでしょうか?

 

 

IMG_2792.JPG

 

IMG_2795.JPG

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...