インフォメーション

2018-12-18 22:47:00

東大生来訪

このような商売をしていて、なおかつホームページをやっていますと、実にいろいろな方から連絡があります。

本日は東大生が来訪されました。

 

これまでも、大学生の研究目的で来訪されたケースはたくさんあります。

今年は、今回の他に法政大学生命科学部の学生さんが卒論のために来られました。

また、以前には東洋大学の中国人留学生さんがホームページを見て来られたことがあります。

武蔵野美術大の学生さんの卒業制作にも協力したことがあります。

農協や市役所を通じてのアンケートは、毎年にように(とは言えませんが、2年に1度くらいのペースで)来ます。国士舘大学地理学科のことが多いです。

また、学生さんではなく、先生が来られたこともあります。岐阜大学地域科学部の林先生です。

ちなみに、私の母校東京農業大学からは、まだ来た学生はいません。

 

今回の東大生さんは杉浦さんという学生さんで、工学部の建築学科を出て、現在は大学院の1年生ということです。

建築学の中でも特に都市計画などを研究されているとのことで、指導されている岡部教授が小平と縁があり、杉浦さんも小平の都市計画と農地との関係を取り上げて研究を進めていく予定とのことです。

特に、小平の農地の特徴である「短冊型農地」に興味を持っているとのことでした。

私からは、短冊型農地の特徴である「農家が街道沿いに集積している」ということが、小平に庭先直売所が多く立地している要因になったものという見方を提示しました。

他に、農地の多面的機能や、住民が農地を支えているという面に興味を持たれているようです。

当園の他に、体験農園の「みのり村」や、ブルーベリー発祥農園の島村さんなどにも話を聞く予定と言っていました。

また、小平市長にも話を聞きに行ったと言っていました。さすがは東大生ですので、よく勉強されていると思いました。

 

当園では、大学生の卒論などのための視察などについては、ほぼ100%応じています。

今後ともご要望があればご連絡ください(当ホームページを良く読んでからお越しください)。

 

DSC01310.JPG

 

 

 

2018-12-18 22:42:00

ニンジン(豊作です)

ニンジンの収穫です。

 

品種は「グランプリ」ほか1品種です。

加工向けにも使われるような、大物がとれる品種です。

お客さんからは、大きいですねと良く言われるのですが、大きくなる品種なので、あれで普通です。

品質も良いと思います。

畑にはまだまだたっぷりありますので、じゃんじゃん買っていただいて、じゃんじゃん使っていただければと思います。

 

 

DSC01304.JPG

 

DSC01306.JPG

 

DSC01309.JPG

 

2018-12-16 23:53:00

ブロッコリー、キャベツ

秋から冬にかけての当園のメイン品目が、ブロッコリーとキャベツです。

 

ブロッコリーもキャベツも、品種は5~6品種くらいを使っています。

今売っているのがなんという品種かについては、私に問い合わせていただければ一応お答えできますが、いつもはいろいろな品種を特に考えずに(順番に)とってきています。

ちなみに今後はブロッコリーは「グランドーム」、キャベツは「冬藍」という品種がメインになりますが、たまに違うのを取ってくることもあります。

 

本年は暖冬で、しかも野菜の相場下落のためあまり売れていないため、取り遅れ気味になっています。

つまり、とても大きなものを取ってきています。市場出荷であればおそらく認められないようなものも含まれますが、味に影響ありませんので、当園ではお売りしています。

お客さんにとっては、お安い値段で大きなものが買えて、オトクかもしれません。

数年ぶりの野菜の安値ですので、ぜひ今年はたくさん食べていただきたいと思います。

 

 

 

DSC01301.JPG

 

DSC01302.JPG

 

DSC01303.JPG

2018-12-14 00:19:00

最近の売り場

最近の売り場です。

 

上段・・・ラディッシュ、八つ子、八つ頭、水菜、タアサイ、サニーレタス

中段・・・キウイ(アップル、東京ゴールド)、ゴボウ、さといも、大根、赤かぶ、かぶ

下段・・・小松菜、ほうれん草、ながいも、にんじん、聖護院大根、ブロッコリー、キャベツ

反対側・・・はくさい、ねぎ、サツマイモ(ベニハルカ、シルクスイート、ベニアズマ)

 

暖冬で野菜の生育が早まっていて、軒並みおおものが取れています。

写真3枚目の白菜は、約7キロありました(通常のスーパーで販売されている白菜は、1玉2.5~3キロ前後です)。

 

ちょっと大きすぎのものも多いのですが、品質に問題がない場合は、当園では売っています(お客さんには喜んでいただける場合が多いので)。

予想ですが、1週間後くらいに野菜の産地廃棄が始まると思います。畑でつぶしてしまう、アレです。今はそのくらいに野菜の相場が安いです。

秋の長雨、台風のために、今冬は野菜の相場高騰が予想されていましたが、案外そんな年に限って安くなってしまうものですね。

こんな年こそ、皆様にはたくさん野菜を買っていただければと思います。

 

 

DSC01293.JPG

 

DSC01296.JPG

 

DSC01298.JPG

 

2018-12-09 22:31:00

代々木「ファンアイス!」ご紹介

代々木八幡にある「ファンアイス(fun ice!)」というアイスクリーム屋さんがご来園され、当園のキウイフルーツ「東京ゴールド」をお買いいただきました。


その後、東京ゴールドをアイスにして販売しているとの連絡をいただき、数パック送っていただきました。私も先日、ファンアイスさんをお訪ねいたしました。

 

 

当園では、キウイ以外の品目も含め、基本的に業者さんとのお付き合いをしないようにしてまいりました。当園が直売所(小売)である以上は、卸売のようなことはするべきでないと考えているからです。


6次産業化と言う考え方が農業の分野では非常に重要視されるようになっており、それはそれで重要なことだと私も思いますが、だからと言って業者さんの言いなりになるようでは本末転倒です。
個人的には、かなり以前に障害者施設でのブルーベリーのジャム加工を薦められたことがあります。しかし計算すると生果の半値程度で販売することになり、これでは経営的には合わないなと思い、それ以降はできる限りこの手の話には関わらないようにしてきました。


今回、ファンアイスさんに東京ゴールドをお売りしたのは、この辺のことを良くご理解いただいていたということがありました。
 

そもそもキウイフルーツと乳製品は相性が悪い(苦みが出る)ということを申しましたが、それでもやってみる、とおっしゃった時には、どうなるのかなあと思っていました。
実際の商品は、ミルクを用いないソルベの商品ですので、キウイらしさを出していただいたように思いました。
実際食べてみればわかると思いますが原料の比率が高く、おそらく原価率が恐ろしく高い商品だと思います。


また他の食材についても、たとえば八王子市の磯沼ミルクファームさんの生乳を利用されているなど、センスの良い非常にこだわった材料を使用されておられます。

場所は、代々木公園の西口付近にあり、眺めも良いですし、交通の便も良いです。
代々木八幡の駅から歩くと5分程度?で、高級住宅街です。良い街、良い場所、良いお店です。
代々木公園などに行かれた際にはお寄りになることをお勧めいたします。

 

 

フェイスブック(クリックしてください)

食べログ(クリックしてください)

 

DSC01273.JPG

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...